忍者ブログ

討論Barマスター'sブログ

討論Bar“シチズン”マスターの西岡が、政治、司法、時事等に関する辛口コメントを書き綴ります

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

和歌山毒カレー事件に新事実

 1998年7月に発生した「和歌山毒カレー事件」。

 警察の強引な捜査と恣意的なリーク情報を受け、大マスコミがこぞって「犯人視報道」を展開した結果、裁判では「直接証拠無し」の有罪・死刑判決が出され、高裁、最高裁でもその判決が維持された。

 

 この事件が発生した当時、私は「報道と人権」問題の運動に取り組んでいたこともあり、担当弁護士などとも意見交換をし、これは「冤罪確実」という確信を持っていた。

 

 ちなみに裁判の経緯も注視してきたので、証拠関係については人より多くの知識があると自負している。

 

 ところが、ここに来て犯行に用いられたとされる毒物「ヒ素」の鑑定結果が間違いであったことが分かったという、衝撃的な記事が「週刊金曜日」に掲載された。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130418-00010000-kinyobi-soci

 

 これは京都大学の河合潤教授が、(中井)鑑定で計測された生データを再検証した結果であり、新たにサンプルを分析したものではない。

 つまり、裁判で証拠採用された「鑑定結果」が、生データの中の都合が良い部分だけを抽出してまとめられた、恣意的な「作文」であった…ということが明らかになったのである。

 

 東京理科大の中井教授が、兵庫県佐用市にある最新鋭分析機「スプリング8」を使って行った成分分析では、カレー鍋の近くにあった「紙コップ」内で微量に検出されたヒ素と、林死刑囚の自宅床下から押収された、シロアリ駆除剤のヒ素、さらに近隣住居に残されていた5種類のヒ素を比較分析している。

 鑑定に用いられた「重元素」成分の比較では、これら7種のサンプルは全て一致しているが、河合教授が着目した「軽元素」成分で見ると、7種のサンプル全てが不一致である。

 これでは、林死刑囚の自宅にあったヒ素が犯行に使われたヒ素であると断定することなど不可能だ。

 

 この分析結果が再審の扉を開く決定的証拠になれば朗報である。

 しかし、その前に「直接証拠が皆無の有罪・死刑判決」の異常さを、もっと多くの人に理解してもらうことの方が重要だ。

 

 ほとんどのマスコミは週刊誌も含め「直接証拠は無いが、状況証拠は真っ黒」という表現を使っている。

 だが事件を詳しく追跡していくと、その「状況証拠」すら「白」を指し示していることが判明する。

 

 判決では「混入の機会が林死刑囚以外には無かった」と結論されたが、正確な混入時間や場所、どの鍋に混入したのかについて、公判中の審議でも、まったく特定できていないのだ。

 さらに、調理場の駐車場から林死刑囚が立ち去った後の夕刻、カレーの味見をした主婦はヒ素中毒を起こしていない。

 また、鍋の残留物検査では、捜査員がひとつのオタマで複数の鍋からサンプルを収集してしまっていた。

 これは警察が杜撰な捜査を隠蔽し、見込みのシナリオに固執したあげく、マスコミによる「人物破壊工作」が有罪の「決め手」にならざるを得なかったという特異な事件である。

 

 林家の夫婦間や親子間で交わされた、ごく一般的な会話の内容が「犯行を示唆するもの」とされたり、客観的証拠と矛盾する「目撃証言」が何の疑問もなく証拠採用されるなら、誰でもが無実であっても「死刑判決」を宣告される高いリスクを背負うことになる。

 

 また、最新鋭分析機「スプリング8」の信頼性が権威として悪用された点も見逃すべきではない。

 どれほど優秀な機械でも、比較分析手法に恣意が混じれば、その信頼性は吹っ飛ぶ。

 そうした、ある意味当然の「検証」を忌避したまま、安易な死刑判決を書いた裁判所の罪は万死に値するだろう。

 

 陸山会事件の控訴審で明らかになった司法の怠慢は、ここでも如実に顔を覗かせているようだ。

 これでは我国が健全な法治国家であると、胸を張って諸外国に誇ることなど、とても出来やしない。

 法曹関係者の猛省と、奮起、さらには私たち一般市民の人権、法治意識、メディアリテラシーの向上が、今ほど求められている時はないと言えるだろう。

拍手[25回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

本気で社会正義・日本を思う方は、

  • by 安淳徳
  • URL
  • 2013/06/02(Sun)12:55
  • Edit
突然失礼致します。

本気で社会正義・日本を思う方は、
あるいは、色んな面で被害を訴えてる方々は、

http://blogs.yahoo.co.jp/ansund59 をご参考にして下さい。

人権も存在しない、
民主国家でもない、
法治国家でもない、

独裁・犯罪国家になってる日本が見えます。

官民が共謀して、裏で国と弱い人達を食い物にし、
まっすぐな人達を事故や病気を装い口止め・口封じしてる現実を、、

本当の事を知らなければ、何をやっても何にも変わらない正せないと思います。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
西岡正士
年齢:
63
性別:
男性
誕生日:
1954/02/08
職業:
討論Bar“シチズン”経営
趣味:
CG制作、ビデオ撮影
自己紹介:
なにわ市民セミナー団 団長
Citizen Live キャスター
市民が訴える「大阪宣言」の会 会員
市民ネットメディア・グループ 会員
主権者国民連合 賛同者

主権者国民連合

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 討論Barマスター'sブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]