忍者ブログ

討論Barマスター'sブログ

討論Bar“シチズン”マスターの西岡が、政治、司法、時事等に関する辛口コメントを書き綴ります

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

闇を認識してこそ光が見える

今回の選挙、与党の圧勝で「暗黒の時代」に突入か?
…という論調がネット界隈を駆け巡っている。しかしそれは・・・

甘い!!!

暗黒の時代は「これからやって来る」のではなく、もうすでに「来てしまっている」のだ。
今回の選挙で与党が圧勝しようが辛勝しようが、状況はいささかも変化しない。

民意は「安倍にNO!」だと言うが、暗黒の時代にあって「民意」など何の役にも立たない。
権力は民意を完全に無視して暴走しているのである。
もはや民主主義が機能していないのだから、選挙に期待するのはチト呑気としか言いようがない。
清き一票で政治を変えられるなどという段階は、何年も前に過ぎ去ってしまったのだ。

いつか来た道を思い起こしてみよう。
独裁政治、弾圧政治は国民の圧倒的かつ積極的な支持によって強化される。
1930年代のドイツや日本がそうであったように、
反権力の闘争をする人間は「非国民」となり、民衆から糾弾される。
その闘争が民衆の熱狂的支持を得ると考えている者は、民衆の支持を得られないと知ったとき、
戦線を離脱し、弾圧側に寝返るだろう。

そう、我々の闘いは孤立無援であり「闘争」というより「抵抗」と言うのがふさわしい。
心ある政治家は永田町から次々に追放され、心ある市民は官憲の弾圧に押しつぶされる。
そして「それが当然」のように見える心理のバイアスが、大多数の国民に植え付けられている。

現時点で、いまだ日本の民主主義が機能していると思っている人々は、
今後どれほど独裁、弾圧が進もうと「日本は民主主義国家だ」という幻想から抜けられないのである。
人々は暗黒の時代に目が慣れて、「まだ見えている」と錯覚し続ける。
民衆が目覚めることに甘い期待を抱いていれば、いつか自分も目覚めぬ民衆の仲間入りだろう。

現状が絶望的であると自覚する者だけが闘いを…いや抵抗を続けられる。
それは非常に少ない集団による、非常に小規模な抵抗だろう。
世間的にそれは「犯罪者」であり、法も民意も我々を守ってはくれない。
秘密保護法や共謀罪など、弾圧のための法整備が進むと、
最初は「悪法阻止」と言っていた人々でさえ、やがて「悪法も法なり」と追認するようになる。

だが、そんな変節を批難したところで何の役にも立たない。
それこそが民衆であり、彼らの意志が「正義」の在処を決定する。
これに歯向かう者は「非国民」であり「犯罪者」だ。
あえてその立場に身を置く覚悟を持つ者が、このブログをご覧の読者のうち、はたして何パーセント居るだろうか?
非常に楽観的に見積もっても、せいぜいが1%というところだろう。

「1%vs99%」という図式の中で、我々は「99%」の側に居ると思って来た人は多いと思うが、実は全く逆なのだ。
我々は「1%の闘い」の中に居る。

この認識を持っていることが実に重要だ。
「民衆決起」などという幻想を捨て、批難轟々の嵐に信念を持って論駁し続ける「勇気」と、
決してヤケにならず、暴力的な手段に訴えることのない「忍耐」は、一重にマイノリティの誇りより産まれるのであり、
マジョリティの奢りからは、それと真逆の「迎合」と「不寛容」しか産まれない。

もちろん「目覚めた人々」を増やす努力は怠るべきじゃないが、その方向に光は見えない。
見えないことを自覚しつつ、自らの心に宿る「マジョリティの奢り」と闘い続ける気概を持たなければならないのだ。
長く苦しい闘い…いや抵抗はこれから一生続くだろう。
だが、その苦しさこそ人生の喜びであり、これを克服する努力こそが「生きる」と言う事の意味なのだろうと思う。

拍手[35回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

【動画】沖縄県知事「翁長雄志」は、辺野古移設賛成派の傀儡

  • by 通りがけ
  • 2015/04/09(Thu)08:38
  • Edit
sayuflatmound.com/?p=10200
【動画】https://youtu.be/L7wQoZsLoKA

さて沖縄と言えば、フリーメーソン穢多(えた)ヒロヒトが日本人大和魂武士を殲滅するためにユダヤフリーメーソンルーズベルトに原爆投下を依頼して始まった太平洋戦争で、最初に鬼畜外道米軍による日本国土上陸と先住民大和民族老若男女特に婦女子への無差別虐殺蹂躙を許してしまった、神風特攻隊と沖縄特攻戦艦大和の靖国招魂大和魂忠君孝親忘己利他菩薩武士痛恨のヒロヒト裏切り戦争犯罪犯行現場です。

「戦艦大和の最期 上官は切腹して果てた (文藝春秋)」阿修羅へ書き込みました。
http://www.asyura2.com/12/warb9/msg/785.html#c66
66. 2015年4月08日 18:40:33 : rWn9PLlcps

「2015.7.25(土)RK北九州「小倉から賊徒を討つ」講演会のお知らせ」
>richardkoshimizu.at.webry.info/201504/article_42.html
>小倉は言うまでも無く、二発目の原爆投下のターゲットだった。天候のせいで急遽長崎に変更されたのです。
>firebird0727

GHQフリーメーソン焚書坑儒文部省に見事に騙されてるね。

小倉は原爆投下する前にB29焼夷弾空襲で市民大虐殺されたはずだよ。小倉大空襲生き残りの爺ちゃんから外道鬼畜米軍殺人狂悪魔の正体を実話で聞いた。この民間人無差別虐殺爆撃の地上最悪の戦争犯罪を考案実行したユダヤフリーメーソンカルトテロリスト悪魔ルメイに、昭和天皇と吉田茂と源田実と小泉純也(全員フリーメーソン)が共謀して大勲位かなにかの超高級勲章を贈ったね。


67. 2015年4月08日 19:47:06 : rWn9PLlcps

ルメイのやったことを教えようか。

先ずB29が単機高高度通過する。空襲警報で市民は小倉市の周りの山麓に掘った防空壕へ一斉避難し、山上に設置された高射砲が一斉に火を噴くが届かないで飛び去る。空襲警報解除。

しばらくして同じ高高度を今度はB29が大編隊で来襲し、再び空襲警報で小倉市民老若男女は山の麓に掘った防空壕に一斉に避難する。B29編隊は先の1機に発砲した山上の高射砲を偵察機の報告にしたがって正確に狙いをつけて高高度から爆撃して高射砲陣地だけ全滅させて飛び去る。

空襲警報が解除されて避難していた老若男女がほっと一息ついて市内へ戻ると、安堵する間もなく3度目の空襲警報が鳴り渡りB29が再び大編隊で来襲する。先の空襲で高射砲陣地だけ爆撃して全滅させたので、今度は前2回よりずっと低空で小倉市上空に侵入し、先の2回の爆撃で位置を確認した山麓の防空壕に一般市民老若男女が全員逃げ込んだのを見計らって、市街地にではなく防空壕の入り口付近に焼夷弾を絨毯爆撃したのである。

防空壕の洞窟内は入り口で1000℃近くで高温燃焼する焼夷弾によって一瞬で酸欠になり、か弱い婦女子が全員外傷を受けぬまま老人たちと何万人も即死したのである。

なんという卑怯卑劣で冷酷無慈悲な前代未聞の無差別大量虐殺であろうか。

尋常高等小学校学生(今で言う高校生)だった爺ちゃんは70年過ぎた今でも鬼畜アメリカ軍を決して許さないと語り、その体験談を聞いた私もまた、鬼畜悪魔カルトユダヤフリーメーソン戦争殺人偏執狂米軍を絶対にこの地球上から必ず消滅させてやると、我が大和魂に懸けて天地神明に誓ったのである。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
西岡正士
年齢:
64
性別:
男性
誕生日:
1954/02/08
職業:
討論Bar“シチズン”経営
趣味:
CG制作、ビデオ撮影
自己紹介:
なにわ市民セミナー団 団長
Citizen Live キャスター
市民が訴える「大阪宣言」の会 会員
市民ネットメディア・グループ 会員
主権者国民連合 賛同者

主権者国民連合

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 討論Barマスター'sブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]