忍者ブログ

討論Barマスター'sブログ

討論Bar“シチズン”マスターの西岡が、政治、司法、時事等に関する辛口コメントを書き綴ります

   
カテゴリー「未選択」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

総選挙始まる

社会階層の複雑化は「政党」の特定階級および業界利益に基づく「利益代表団体」という側面を消滅させた。
 一方「政党」の表向き存在理由である、政治思想共有の「同志集団」という側面も、二大政党制を目指した選挙制度によって消滅しようとしている。
 私は以前、これからの「政党」の存在理由は「選挙互助会」という側面しか残らないだろうと予測した。
 そしてそれは今、第47回衆議院総選挙によって現実のものとなった。

 与党の自民党と公明党は(表向きの)政治思想が大きく異なるし、野党各党もてんでバラバラな政治思想を掲げている。
 それでも与党は連立しているし、野党も選挙区調整で対立候補の一本化を図らなければ勝てないので、ツルむしか無いのが実情である。

 これが現実政治のリアリティであるが、我々がその現実を100%追認していけば、結局のところ政治が機能しなくなる事は明らかだろう。

 今回の選挙で万一(億一か?)与野党が逆転したと想定してみても、よりマシな政権が誕生するとは、とても考えられない。
 なぜなら、現在唯一国民の支持を受けている政治思想が、極端で偏狭なナショナリズムである以上、選挙互助会が生み出した政権は、確実に右傾化する運命を抱えているからである。

 安倍・自公政権の急激な右傾化を選挙互助会で阻止することは不可能である。

 これを食い止めるためには、左派による政治理念の軸を打ち出し、政党の枠を超えた幅広い議論を展開するしかない。
 回り道のようだが、この道しか無いのである(安倍ちゃんの言ってる道じゃないよ)。

 選挙が与野党の一騎打ちとなることは好ましい状況だが、肝心の争点が霧散したままでの政権選択選挙は意味が無いばかりか、危険でもある。

 我々の立場では、短期戦術として、一本化野党候補への投票呼びかけも妥当と考えるが、その次の展望を見越した基本戦略を考えなければ、結果は敗北しか残らないと思う。

 そう思っていたところに、注目すべき動きがあった。
 大阪8区と9区、京都1区で一本化野党候補とは別に無所属の元職二人と社民党元職一人、計3人の候補が足並みを揃えて立候補したのだ。

 大阪8区の社民党/服部良一氏、大阪9区の無所属/つじ恵氏、京都1区の無所属/平智之氏である。

 この3人の候補には、「闘う労組」として有名な連帯労組が全面的にバックアップし、森田実氏や孫崎享氏、植草一秀氏ら知識人をはじめ、増山麗奈氏や下地真樹氏ら、錚々たる市民活動家までもが推薦人として名前を連ねている。

 東アジア平和外交を実践する服部氏、司法改革の旗手・つじ氏、そしておなじみ「禁原発」の平氏がトリオを組んで「関西リベラルの結集」を唱え決起したのである。

 野党票を分散させる…という批難は先刻承知の上だが、その先を見越した「政治理念の構築」は選挙の勝敗以上に重要かつ緊急であるとの考えから、あえて「無謀な闘い」を挑んだのだという。

 その心意気や良し!
 これは選挙互助会の政党を基盤にした政治構造を根底から作り替える、革命的な義挙である。
 三氏の当選が、日本の政治に与える影響は計り知れないだろう。
 必勝を期して頑張り抜いてもらいたい…と心より願う。

拍手[3回]

PR

本日の緊急報告会は都合により延期します

本日6月4日に予定しておりました、緊急報告会「香川スキャンダル炎上中」は都合により、6月9日以降に延期となりました。
 お詫び申し上げますとともに、今後の開催日程が決定し次第、また告知させて頂きますので、宜しくお願いします。

拍手[3回]

生田輝雄弁護士 緊急報告のお知らせ

【延期になりました】

討論Bar“シチズン”の西岡です。
先日、高松の生田暉雄弁護士より電話があり「香川は今、大変なことになっている!」というお話を伺いました。
香川県の現・前両知事に関する汚職事件疑惑が、最高検検事総長による不当介入(捜査中止命令)にまで発展し、県庁、県議会はもとより、検察庁をも巻き込んだ大騒動になっているそうです。
日頃から「検察、司法、マスコミを改革せよ!」と提唱している私としても、これは黙って見ているだけと言う訳にはいきません。
急な話で恐縮ですが、明日6月4日(水)午後7時より、当該事件に関する緊急報告をCItizenLive番組内で取り上げるとともに、放送後、ゲストの生田先生にもご出席頂いて、意見交流の集会を催します。
放送は午後7時より開始。集会は番組終了後「討論Bar“シチズン”」にて行います。
参加費は¥500(ワンドリンク付き)
参加予約は不要で、開店時間内であれば何時ご来店頂いてもご参加できます。
なお、CitizenLiveの放送は下記URLにてご覧頂けます。
お問合せは090-9875-7157まで。
討論Bar“シチズン”の住所は、大阪市浪速区日本橋5丁目14-20。
地下鉄堺筋線「恵美須町」駅下車すぐです。
http://bar-citizen.jimdo.com/アクセス/


拍手[4回]

年頭の初心表明

謹賀新年

 

 2012年は「市民覚醒元年」だった。

 一昨年の311以降、反原発デモが数多く行われたが、最初の頃の印象は「既成の反原発運動家たち」の「いよいよオレたちの出番がやってきたぞ!」と言った高揚感が前に出過ぎているような気がしていた。

 しかし昨年は、避難者の母親や子供たちを中心とする「普通の人たち」が街頭に、そして官邸前に繰り出した。

 震災の何年も前から原発について勉強してきた、いわゆる「専門家」じゃない人たちは、無智であることを恐れずに行動を起こし、結果「専門家」も舌を巻く知識を身に付けた。

 このことを通じて私は、問題意識が芽生えた時、まず最初に必要なことは「知識を身につける」ことではなく「行動に移すこと」である…という事が良くわかった。

 

 私たちの世代(アラ還)は、何かというと「知性」を優先する。

 しかし、若い世代は「直感」こそが原動力なのだ。

 ただし、その両者は対立するのではなく、双方が双方を補完する関係にある。

 

 旧来の市民運動の傾向として「勉強する者は行動せず、行動する者は勉強せず」というキライがあった。

 しかし去年からの傾向は「行動するから勉強する、勉強するから行動する」へ変化したように思う。

 

 これは歴史的な大きな変化だろう。

 「生きづらさ」などの「不満や不安」を、紛らわすのではなく、自分の中にしまい込むのでもなく、他者に問いかけて解決の糸口を掴む。

 そこから「なんとか出来そうだ」という希望が生れ、その希望が大きな運動へと繋がっていく。

 抗議行動と政治運動が、ちょうど「直感」と「知性」の関係同様、連鎖的な繋がりを持って発展して行く。

 残念ながら去年は、その運動も成果には結びつかなかったが、確実に萌芽を感じることはできた。

 

 いよいよ今年こそが「勝負の年」になる。

 一旦芽生えたものは、そう簡単に根絶やしにならない。

 摘まれても踏まれても、雑草は驚異的な生命力で地にはびこるのである。

 温室育ちじゃない雑草の運動は、勝利するまでしぶとく継続されるはずだ。

 

 年の始めを迎え、今私はファイト満々である。

 頭の中では次から次へと「なんとか出来そう」の戦略が浮かび上がってくる。

 もちろん、その戦略のほとんどが「失敗」に終わるだろうと分かってはいるが、諦めずに継続する勇気と根気は身に付いたと実感する。

 

 またぞろ「アベノミクス」自公政権が暴挙を企てているようだが、私たちは焦らないし恐れない。

 アンシャン・レジーム(旧体制)が、すでに「死に体」であることを知っているからだ。

 敵は虚勢をはって元気な振りをしているが、実はグロッキーでKO寸前なのだ。

 彼らのパンチでは、いかに強烈であろうと私たちを倒すことなどできない。

 また私たちのパンチの一発一発は弱々しいが、グロッキーになっている相手に着実なダメージを与えることはできる。

 

 第一ラウンド(2012年)はポイントで大差を付けられて劣勢になったが、第二ラウンド以降は「一発逆転KO」を狙うのではなく、確実に1点づつポイントを取り戻すことに全力をあげようと思う。

 

 「市民」という大地に芽生えた雑草は滅びることなく増殖を続けるのだ。

 焦ることはない。絶望することもない。

 大きな花を咲かせる必要もない。小さく多様な花が大地一面に咲いては枯れを繰り返すのみである。

 

 萌芽から増殖へ、覚醒から活動への年…2013年がいよいよ始まる。さあ、出撃だぁ!

拍手[7回]

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
西岡正士
年齢:
64
性別:
男性
誕生日:
1954/02/08
職業:
討論Bar“シチズン”経営
趣味:
CG制作、ビデオ撮影
自己紹介:
なにわ市民セミナー団 団長
Citizen Live キャスター
市民が訴える「大阪宣言」の会 会員
市民ネットメディア・グループ 会員
主権者国民連合 賛同者

主権者国民連合

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 討論Barマスター'sブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]