忍者ブログ

討論Barマスター'sブログ

討論Bar“シチズン”マスターの西岡が、政治、司法、時事等に関する辛口コメントを書き綴ります

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オープン討論会開催のお知らせ

 現在、世界中のほとんどの国と地域(もちろん日本も)は「国軍」を持っている。

 しかし「国軍」の存在意義を理解している国民はほとんど居ない。

 

 いま「国防のため」という曖昧な定義のもとで、無意味な軍拡が歯止め無く進行する現実を見るとき、「戦争反対」というスローガンが、どうにも無力に感じてしまうのは何故だろう?

 

 「誰も戦争したい奴なんて居ないよ」…と、人は確信的に言う。

 だが本当にそうだろうか?

 「仕方ない戦争」など、歴史上に存在するのだろうか?

 

 戦争に嫌悪感を持つ人ほど、侵略や戦争の持つ意味を知らず、それゆえに戦争を阻止する手だてを見いだすことができない。

 

 東アジア地域の不安定化を画策する勢力が、あの手この手で好戦ムードを盛り上げようとしている今、私たちは歴史と理論に裏付けされた「反戦」の旗を掲げなければならない。

 そうでなければ、「反戦運動=平和ボケ」と言ったプロパガンダにしてやられるだけである。

 

 そこで、討論Bar“シチズン”では来る2月11日(祝)に、オープン討論会「国防軍と集団的自衛権について考える」を企画した。

 

 幅広いテーマなので、語り合いたい部分は人によって異なるかも知れない。

 オープン討論会なので、話がある程度飛ぶのは仕方ないだろうが、とりあえず「叩き台」として、以下の内容で、午後4時からマスターが基調講演をする。

 出来ればお聞き頂いた上で討論に参加してもらいたいと願う(もちろん、時間の都合で基調講演を聞けない人でも、討論会への参加は大歓迎だ)。

 

 講演のテーマは…

(1)戦争の歴史と、その意味の変遷

(2)侵略戦争と防衛戦争の境界は何処?

(3)民主主義国家どうしの戦争は「殺戮」が目的化される

(4)持てる者の持ち物を守るために、持たざる者が殺し合う戦争の馬鹿馬鹿しさ

(5)集団的自衛権は「弱者連合」/軍事大国日本には無縁である

(6)軍事的独立は軍備増強で成せるものではない

(7)国防軍の適正規模はどれくらい?

(8)軍縮外交で軍事的独立を勝ち取ろう!

 

 以上を30分程度にまとめるのは至難の技だが、なるべく冗長にならないよう工夫するので、ぜひお聞き頂きたい。

 その後、閉店時間(22時)まで、時間無制限のフリーディスカッションとする。

 参加費は、入場料200円+ドリンクオーダー(食事持ち込み可)。

 

 建国記念日のこの日、国家と軍事、外交と独立についてじっくり考えて見る機会にしたい。

 多数のご参集を願う。

拍手[3回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
西岡正士
年齢:
63
性別:
男性
誕生日:
1954/02/08
職業:
討論Bar“シチズン”経営
趣味:
CG制作、ビデオ撮影
自己紹介:
なにわ市民セミナー団 団長
Citizen Live キャスター
市民が訴える「大阪宣言」の会 会員
市民ネットメディア・グループ 会員
主権者国民連合 賛同者

主権者国民連合

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 討論Barマスター'sブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]