忍者ブログ

討論Barマスター'sブログ

討論Bar“シチズン”マスターの西岡が、政治、司法、時事等に関する辛口コメントを書き綴ります

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オープン討論会「アベノミクスを考える」のお知らせ

 安倍政権は「アベノミクス」と名付けた経済政策で、以下の「三本柱」を提唱した。

 「大胆な金融緩和」(2%のインフレターゲット&日銀の無制限国債受け入れ)

 「巨額の財政出動」(10年200兆円の「日本列島強靭化計画」)

 「着実な成長戦略」(先端技術への積極投資)

 

 いずれも外面は良い。

 デフレ対策にインフレターゲットを定めたり、積極財政の道を選ぶことは理に叶う。

 だが、往々にして良さそうに見える政策にこそ「落とし穴」がある。

 

 インフレターゲットは「需要喚起」が真の目的だが、福祉やセーフティネットを置き去りにしたインフレは、ただの「物価上昇」「生活破壊」を招くだけ…とう指摘もある。

 

 土木建築を中心とした、旧式の財政出動は70年代の成功体験があるだけに、期待されているが、あれから時代は変わっている。

 大型財政出動の副作用として公共事業の「利権化」も懸念されるが、創出された雇用の不安定さは、70年代と比べ物にならず、「トリクルダウン」理論は絵に描いた餅になりそうだ。

 

 「成長戦略」も、人口構成や共同体の特質を無視して、旧態依然かつ全国一律の大雑把さでは達成が困難だと思われる。

 

 消費増税を実現させるための「付け焼き刃」的な経済政策であることが透けて見える「アベノミクス」は、十分に慎重かつ批判的検証を加える必要がある。

 

 そこで討論Bar“シチズン”では、来る2月9日(土)に、オープン討論会「アベノミクスを考える」を企画した。

 

 オープン討論会は、1日のテーマを決めて、そのテーマについて話会いたい人に集まってもらい、自由に討議しようというもの。

 

 この日は基調講演ナシ。最初からフリーディスカッションにするので、各自論点を持ち寄ってもらいたい(この件に関する問題提議は、それこそ無数のアプローチがあるだろうから…)。

 

 参加費は、入場料200円+ドリンクオーダー。

 営業時間内(15時~22時)の何時来られても討論に参加でき、何時帰られるかも自由である。

 

 案内が前後したが、11日(祝)のオープン討論会よりこちらが先に開催される。

 多数のご参集を願う。

拍手[5回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
西岡正士
年齢:
63
性別:
男性
誕生日:
1954/02/08
職業:
討論Bar“シチズン”経営
趣味:
CG制作、ビデオ撮影
自己紹介:
なにわ市民セミナー団 団長
Citizen Live キャスター
市民が訴える「大阪宣言」の会 会員
市民ネットメディア・グループ 会員
主権者国民連合 賛同者

主権者国民連合

バーコード

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 討論Barマスター'sブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]